七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 久留米といえばカッパも | main | 不思議少年『棘/スキューバ』全国縦断ツアーを応援しています! >>

演劇関係いすと校舎「草、のびて、家。」

10月2日(日)

 

すべりこみで、めくるめくエンゲキ祭の「草、のびて、家。」へ。

 

会場は、久留米シティプラザ近くのマンションの1F「ほとめきサロン」。

自宅劇場みたいな雰囲気。

 

客席も観やすくて、大きさもちょうどよい感じ。

 

あらすじを読むと重たい話かと考えていました。

でも、観てみると、ツライ状況の中で、それぞれの想いやエゴはありつつも、

後味の良い作品でした。

 

丁寧な人物の描写と自然な会話。

役者さんのバランスも良かったと思います。

 

まだ、ツアーがあるので、ネタばれしない程度で。

 

自分( ..)φメモメモ

こりっちhttp://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=75705より抜粋
**************************************

めくるめくエンゲキ祭1st参加

演劇関係いすと校舎「草、のびて、家。」

 

「お父さんが警察に捕まりました」
と言った、母の言葉。その時の、母の顔。
それを聞いてた、見ていた、兄弟たち。

これは何なのか? 真実? 偽り? 向こうの世界の話じゃなくて? 家族は崩壊? 継続? 再編? 再生? それで、この家はどうなるの?

秋の夕暮れ。外から聞こえていたのは、いつもの虫の声ではなくて、家を取り囲んでいる知らない人たちのヒソヒソ声でした。

 

作・演出:守田慎之介

出演:守田慎之介、中川歩、松下龍太朗、高野由紀子、平林拓也、柳本あゆみ、粟飯原百良、松本未来(じあまり。)、吉田砂織(川笑一座)


日時:2016年10月1日(土)19時(アフタートーク有)
     10月2日(日)11時/14時
 ※開場は開演の30分前です。
料金:前売一般1500円 学生1200円 60歳以上1200円
 ※当日は一般・学生共に500円増です。
会場:ほとめきサロン(久留米市六ツ門11-11アンピール六ツ門1F)

    

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2109
この記事に対するトラックバック