七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2017年11月のコンテンポラリーダンス↑福岡↑ | main | キリンビール福岡工場のコスモスフェスタ >>

「アマデウス」@久留米シティプラザ

10月25日(水)は急きょ、久留米シティプラザの「アマデウス」観劇。

 

お芝居ももちろん楽しみなのですが、

ザ・グランドホールは初めてなのでそれも楽しみ(≧v≦●)

 

2階席で、ホールに入った瞬間…

(//∇//)

 

わ〜、素敵。シックで豪華。

アクロス福岡のシンフォニーホールとはまた違った、落ち着いた趣。

シンフォニーホールは、シャンデリアが印象的だけど、

ザ・グランドホールは、壁の立体的な模様の陰影が印象的。

 

4階まである大きなホールなんだけど、舞台への距離は近く感じます。


松本幸四郎丈の重厚なお芝居が、とにかくすばらしかった。

1982年初演の舞台で、これだけ長く続いているのがすごい。

 

サリエーリの嫉妬、苦悩、後悔、神への失望、裏切り、…。

今の御齢だからこそのリアリティもあるんだろうけど、時には激しくときには静かに表現される感情に、凄みというかすさまじさを感じます。

かたやモーツアルトの堕ちていく様子は気の毒に思いつつも、

生まれたときから「もてる者」への嫉妬心が、自分のなかにもあることを痛感させられましたね。

 

サリエーリは、なんだかんだ善良だから苦しんだのでは…(^_^;)

モーツアルトを潰そうと画策した人は、他にもきっとたくさんいたんだろうし……

ひょっとしたら、サリエーリも誰かに利用されていたのかも…

と、サリエーリへの同情のほうが強いです。。。。

 

コンスタンツェは、悪妻と語られることが多いけど、

この舞台ではどちからかというと健気で可愛らしい。

モーツアルトを貶めた人たちが、コンスタンツェのことも中傷したのでは…

と思えるくらい。


「パパパの二重唱」のシーンは、悲しいシーンのはずなのに、

ほのぼのしててよかったです。

近い距離で優しく歌う、パパパ。

愛を告白するパパパじゃなくて、お互いを確かめ合うようなパパパ。

ふっと…パパゲーノがモーツアルトと重なりました。

お調子者でおしゃべりで恋を謳歌する、そんなイメージ。

 

「魔笛」好きだから、観たくなります

でも、久留米シティプラザのグランドホールの落ち着いた雰囲気なら

「ドン・ジョヴァンニ 」のほうが似合うかも。。。。

(詳しくないけど)

 

クラシックに詳しくなくても、十分楽しめましたが、

音楽史やモーツアルトのことをもうちょっと勉強してから観たら

もっと楽しめただろうなぁ……。

 

平日昼でしたが、若いお嬢さんがたくさんでびっくり。

モーツアルトはジャニーズの方だったんですね。

 

そうそう、「洋装の黒子」みたいな演出がおもしろかったです。

 

いやー、もう、素晴らしかった!!

 

 

 

自分( ..)φメモメモ 松竹より抜粋
************************************

 

「アマデウス」

ピーター・シェファー 作
 
松本幸四郎 演出          
 
サリエーリ             松本幸四郎
モーツァルト         桐山照史 (ジャニーズWEST)
コンスタンツェ         大和田美帆
           
ローゼンベルク伯爵         立川三貴
シュトラック伯爵         外山誠二
ヨーゼフ二世         廣田高志
スヴィーテン男爵         松井  工
ボンノ(宮廷音楽長)         中平良夫
ヴァルトシュテーテン男爵夫人の家令         世古陽丸
テレサ(サリエーリの妻)         杉浦悦子
サリエーリの料理人         豊富  満
サリエーリの従僕         角間  進


影         松本高麗五郎           
風         二反田雅澄
風         清田智彦


ヴァルトシュテーテン男爵夫人         水月  舞
カテリーナ         泉関奈津子
サーヴァント         加瀬竜彦
          鈴木健介
          西村雄正
          丸山裕征
          長谷川直紀
          北尾林太郎

 

 

久留米公演

日時 2017年10月24日(火)19:00、 25日(水)11:30、16:30

 

料金(税込)

S席(1〜3F):11,000円 A席(3〜4F):8,800円 B席(4F):6,000円 学生券:5,000円(当日指定席券引換、要学生証)

 

 

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2197
この記事に対するトラックバック