七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サザエさん通り 2017 | main | 福岡市科学館へちらっと→テムジンの餃子 >>

歌番組でのコンテンポラリーダンスに衝撃。

たまたま、ある歌番組を見ていたら、

あるパフォーマンスに衝撃を受けました。

 

歌は平井堅さん『ノンフィクション』。

その奥の少し高い階段の上に、学校の机。

制服姿で机に突っ伏した女の子。

歌が始まると、顔を上げ、でも遠くを見つめたまま、

白い紙をびりびりと一枚、二枚と破りくしゃくしゃっと丸めて

カバンの中へ。

コンテンポラリーダンスっぽい。

座ったまま、何かにもがき苦しむかのような

激しいパフォーマンス。

間奏で立ちあがって、階段を降りてきて、

声にならない叫びを全身から発してるようだった。

長い手足を美しく見せるダンスではなくて、

何かを訴えようと鬼気迫る踊り。

Σ(っ゚Д゚;)

びっくり・・・・

 

自分は、こういうパフォーマンスは好きだし、

目新しいことをやっているわけでもないのだけど、

FNS歌謡祭というメジャーな番組の

プライムタイムに

ヒット曲とのコラボで。。。。

と、考えると

なかなかチャレンジなパフォーマンスなのでは……。

パフォーマンスそのものに衝撃を受けたというよりも

「この条件の中でこのパフォーマンスが行われた」

ことに衝撃。。。。

 

踊ってたのは、欅坂46の平手友梨奈さんという方。

欅坂46というグループが、他のアイドルグループとは

ちょっと路線が違うのもあるんだろうけど、、、、

 

このコラボに挑戦した平手さんもすごいし、

平井さんサイドも心が広いわーと感心。

 

もしや、時代が進んでる?

私があまりテレビを見ないから知らなかっただけで。

いま時はこのくらいはウェルカムなの?

と驚いたけど、ネットで調べたら賛否両論でした(^_^;)

 

平手さんは、うつむき加減で、

髪で顔の表情があまりわからないし、

カメラは平手さんの全身が映るようなワークが多くて、

それも感心。

体全体の表現を…ってことでしょうね。

 

もちろん、振付・演出が効いてるんで、

振付家すごいなー。

見応えありましたー。

数日経った今でも、

目に焼き付いてるしし、

耳の奥からはメロディが聞こえるもの。

 

そして、関連して

コンテンポラリーダンス

という単語をたくさんネットで見かけたのもすごいなぁと。

 

元々『ノンフィクション』のMVでは
舞踊家の工藤丈輝さんという方が踊っているのだと、知りました。
こちらも、ずしんとインパクトありますね。

 

昨年のNHK紅白歌合戦での土屋太鳳さんのパフォーマンスに対して、

「今までの日本でコンテンポラリーダンスを見た人の数よりも

今テレビでコンテンポラリーダンスを見た人が多いんじゃないか」

みたいなツイートを見かけて苦笑した記憶がありますが……。

 

時代が変わってきているのを感じます。

ダンス | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2204
この記事に対するトラックバック