七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「日本劇作家大会2019 大分大会」2019年1月24日(木)〜27日(日) | main | あれから9年、これから9年。 >>

超歌舞伎「積思花顔競」を見た

4月29日。

超歌舞伎「積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ)」

を動画で見ました。

 

超歌舞伎を見るのは

『今昔饗宴千本桜』

「花街詞合鏡」

に続き3年目。


 

 

 

 

技術の進歩がすごい!

骨寄せや、惟喬親王が正体を表すシーンなど、

ほんと、飛びだしてくるみたいに迫力がありました。

 

そして、初音ミクの踊りが指先まで美しかったです。

 

千秋楽を観たのですが、最後、

白鷺の精が空を飛んでいました。

このあたりの表現は、宙乗りというよりは

「飛んでる」になってしまうのですが、

会場で見たらどんな感じなんでしょう。

 

客席には、外国人のお客様や

親子連れも映っていました。

 

画面の書き込みに

「歌舞伎見たくなった」

旨の文字も。

 

会場の盛り上がりは

遠く離れた画面で見ていても、

一緒に楽しめます。

 

 自分( ..)φメモメモ
超歌舞伎 特設ページhttp://chokabuki.jp/より抜粋
**************************************

 

『積思花顔競』キャスト・スタッフ

惟喬親王/良岑五位之助安貞:中村獅童
小野初音姫/白鷺の精霊:初音ミク
磐萩の局:中村蝶紫
秦大膳武虎:澤村國矢
八咫の鏡の精:鏡音リン

 

演出・振付:藤間 勘十郎  
脚本:松岡 亮 
統括プロデューサー:横澤 大輔

 

会場:幕張メッセ国際展示場
 

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2225
この記事に対するトラックバック