七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久しぶりに博多座行ったら | main | 愛知県芸術劇場・SPAC共同企画「寿歌(ほぎうた)」@ながす未来館 >>

日生劇場ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」@博多座

4月1日 (日)
久しぶりに博多座へ。

 

浦井健治さんと城田優さん!

元気もらいました。

 

「ブロードウェイと銃弾」は、コメディと聞いていたけど、

自分にとっては生々しい部分もあって

人が笑ってるところでも、けっこう深刻な顔してたかも(^_^;)

売れない劇作家・デビッドが

自分の公演を打つためにスポンサーを探したり、

劇作の悩みや、

劇団としての活動をどうしていくかとか、

稽古場でのあれやこれや、

創作活動で大事なものは何か、

自分の作品への関わり方

など……

 

かたや、自分の才能に目覚めて

自分の作品を守ろうとする

ギャングのチーチ。

 

対照的な二人の生きざま。
いい意味で裏切られました…

 

笑いどころは、ご当地ネタもあったんですけど、

一番ツボだったのは、

まさかの「エリザベート」ネタ(笑)

 

この時代らしい、

女性ダンサーのチャールストンも好き。

 

浦井さん、城田さんはもちろん観たかったのですが、

直前に行く決め手となったのは

前田美波里さんの舞台写真。

美しさを生で拝見したいなぁと思いまして。

かっこよかった。

あれだけの美貌を保てるなんて……

 

この日は、大千秋楽だったので、

カテコも大盛り上がり。

青山航士さんを観れたのも嬉しい。


外に出ると……

出待ちの行列が、ぐるっと1周博多座を囲んでました。

(●゚д゚●)

 

いやーーー、すごい熱気でした。

 

城田さんはチーチの演技で「第43回 菊田一夫演劇賞」

を受賞とのこと。

おめでとうございます。

 

 自分( ..)φメモメモ
http://www.tohostage.com/bullets/index.htmlより抜粋
**************************************

デビッド:浦井健治
チーチ:城田 優

オリーブ:平野 綾    
イーデン:保坂知寿
エレン:愛加あゆ

ニック:ブラザートム    
ワーナー:鈴木壮麻    
ヘレン:前田美波里

ジュリアン:加治将樹 
シェルドン:青山航士

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2228
この記事に対するトラックバック