七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 写真だけでも | main | 福岡市科学館プラネタリウム「銀河鉄道999 赤い星ベテルギウス いのちの輝き」 >>

『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』『 京都・仁和寺観音堂 千手観音像とその仲間たち』

暑いですね。

 

九州国立博物館に行ってきました。

『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』と、

文化交流展示室の『 京都・仁和寺観音堂  千手観音像とその仲間たち』。


 

朝イチで行ったのですが、すごい人(@@)

 

「印象派」ということで、教科書でも目にするような有名な作品も多かったです。

モネ、ピカソ、ゴッホ…などなど。

 

撮影OKの絵の前には、一段と人だかりが……

ルノワールの「可愛いエレーヌ」

(写真の撮り方が下手すぎる…)

 

たしかにかわいい(*'-'*)
こう、。。。ずっと見つめていたい気がします。
 

なんとなく
「早く終わらないかなー」
なんて、別の楽しいことをあれこれ思いつつも、
お行儀よくしてる感じがします。

 


モネ「睡蓮の池、緑の反映」
(写真の撮り方が下手すぎる……
人が多かったから……と言い訳)

 

意外と、モダンアートも好きでした。
好みが変わったのかも


ふらっと常設展示へ行ったら特別展示で、

京都の仁和寺観音堂の須弥壇を再現していました。

ラッキー(*^_^*)

 

迫力あります!


1階の花てまりのようなオブジェ。

生花なんだそう。

 

奥の垂れ幕の色とマッチしてますね。

その隣の撮影スポット。

 

額縁を使って、“絵”になった気分で撮影できます。

あと……

 

昨年はクロマニョン人が現れましたが、

今年は弥生人が現れるそうです(^_^;)

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2231
この記事に対するトラックバック