七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「日本劇作家大会2019大分大会」の特設サイト! #劇作家大会大分 | main | 安室奈美恵ラッピング電車と「TENJIN AMURO MONTH」 >>

「極」KIWAMI〜古典芸能の世界〜夜の部@博多座

8月30日(木)は博多座。

「『極』KIWAMI〜古典芸能の世界〜」の夜の部です。

 

日本の伝統芸である能、狂言、歌舞伎を

一度に観られるという企画。

贅沢です〜。

ありがたい企画!

 

昼公演と夜公演で演目が違うので両方観たかったのですが、

夜の部をチョイス。

 

能『紅天女』ですもん!

「ガラスの仮面」のあの「紅天女」を能で……ですよ。

 

いやー、幽玄で美しかったです。

時間の流れの違う、梅の谷に迷い込んでしまったかのようでした。

言葉は難しいところもあったのですが、

ストーリーはわかってるので、楽しめました。

 

 

 

 

 

狂言「素袍落」は、

予備知識なしでもおもしろかった。

人間って、変わりませんね〜。


舞踊「吉野山」は、「義経千本桜」のワンシーンなんですね。

しつらえなしでも、勘十郎さんの静御前は美しく、猿之助丈の狐はかわいい。。。

素踊りなのですが、忠信から狐へ変わるところなど、見応えありました。

そして、大向こうさんが気持ちいい(●^o^●)

 

自分( ..)φメモメモ

**************************************

博多座「極」KIWAMI〜古典芸能の世界〜


2018年8月30日(木) 夜の部(午後3時30分開演)

能『紅天女』 原作・監修/美内すずえ 出演/梅若 実 他

狂言『素袍落』出演/山本東次郎 他

舞踊『吉野山』清元連中 出演/市川猿之助、藤間勘十郎

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2244
この記事に対するトラックバック