七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< もうすぐ冬 | main | 曲がり角にきた >>

新作歌舞伎「あらしのよるに」@博多座

11月4日(日)は博多座。

十一月花形歌舞伎 新作歌舞伎「あらしのよるに」。

 

絵本が原作で、アニメや映画にもなっているんだとか。

そう言えば天神の本屋さんやデパートでも、キャンペーンが色々行われています。

歌舞伎は大谷竹次郎賞を受賞して、気になっていたのでした。

 

そして、会場では、小学生以下のお客様は特製の紙の帽子がもらえるそうです。

楽しそう。

 

主人公は主人公らしく、悪役は悪役らしくの

シンプルなストーリーで、楽しめます。

3幕で3時間20分(休憩含む)でしたが、

おもしろくて時間が経つのが早く感じました。

 

客席降りがあったので、1階席はめちゃくちゃ盛り上がってました。

 

原作を知らないので違うかもしれませんが、

歌舞伎ならではの場面やエピソードがけっこう追加されている気がします。
(歌舞伎好きには見どころが多い)

 

 

特に前半の長唄などは、コミカルで
「8時だヨ!全員集合」を思い出しました(古っ!)
そして、みい姫の艶やかなこと!
あと、がぶの身の上が、
獅童丈ご本人のことと重なって見えました。


それにしても、がぶのめいへの気持ちは、友情というより恋に近いような…(^_^;)
めいは、「友情」って感じなのですが…。
あれ?めいって、
名前から女の子だと思ってたけど、男の子?
どっち?
と、ちょっと思ったけど、
どっちでもいいや。

「がぶ」と「めい」の物語に変わりはないもの。

 

狼と山羊という関係性も越えて、

性別も越えて。。。

 

「私」と「あなた」の物語なのね。

 

狼と山羊とウサギとリスと狸と…。

可愛らしかった(*^_^*)

 

心が洗われる感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2262
この記事に対するトラックバック