七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「連載40周年記念 ガラスの仮面展」@博多阪急8階催場 | main | 映画「めんたいぴりり」2/8までの上映スケジュールを表にしてみました >>

「第24回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会」@日本劇作家大会2019大分大会 #劇作家大会大分

追記(1/21 17:40):【レセプションは要予約・2,500円です】

 

「日本劇作家大会2019大分大会」2019年1月24日(木)〜27日(日)

気がつくと今週末ですね!

https://jpac2019-oita.org/

 

企画が目白押しですが、「新人戯曲賞公開審査会」

1月26日(土)13:00〜@ホルトホール大分(小ホール)

は格別に楽しみです(^^)

 

最終候補作の掲載された「優秀新人戯曲集2019」を読んでおきたいと思います。
 

最終候補は

守田慎之介『あくたもくた。』

大西弘記(『へたくそな字たち』

ピンク地底人3号『鎖骨に天使が眠っている』

中村ノブアキ『焔 −ほむら』

清水弥生『リタイアメン』

小高知子『光の中で目をこらす』

 

「優秀新人戯曲集2019」は

アマゾン楽天でも手に入れることができますよ〜。

便利になりましたね。

 

前回、公開審査会に行ったのは…。

6年前ですね(^_^;)

 

そして、ブログにUPしてなかった…。

 

最終候補は、

広田淳一「うれしい悲鳴」

石原燃「人の香り」

鈴木アツト「Global Baby Factory ― グローバル・ベイビー・ファクトリー」

長谷川彩「メガネとマスク」

原田ゆう「見上げる魚と目が合うか?」
宮園瑠衣子「偽りのない町」

 

この時の受賞作「見上げる魚と目が合うか?」の上演もあるので、

なんだかご縁を感じます。

 

劇作家大会に土曜日行かれる方は、事前に「優秀新人戯曲集」をチェックしておくのをおススメします。

 

その後のレセプションも参加すれば、

直接質問したり、感想をかわすこともできますよ。

九州ではめったにない機会ですよ〜!!

 

参加費1,000円で4日間、楽しめますよ〜!

【追記】レセプションは要予約・有料2,500円 1月26日(土) 18:30〜

 

 


おまけ。

2012年12月の東京都庁。

 

まさか、東京オリンピックが実現するとは思っていませんでした……。

都庁から見た景色。

時間がなくて上れなかったスカイツリー。

 

(ややこしいのですが、最終候補は最終候補なだけで「優秀新人戯曲賞」という賞があるわけではありません。

「劇作家協会新人戯曲賞」であって、「最優秀新人戯曲賞」というわけではないのです。)

#劇作家大会 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2274
この記事に対するトラックバック