七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2.5次元のキャス変とグランドミュージカルのWキャスト | main | 福岡市科学館プラネタリウム「時を刻むこの星空 with DREAMS COME TRUE」 >>

『めんたいぴりり〜博多座版〜未来永劫編』

今日から東京の明治座で

『めんたいぴりり 未来永劫編』

始まってますね。

 

いやー、もー、

博多座で制作した舞台が東京で上演される

って、本当にすごいことだと思います。

たくさんの人に観てほしい!!

 

『めんたいぴりり〜博多座版〜未来永劫編』

初日の3月30日(土)行ってきました。

 

笑って、泣いて、笑って、泣いて、感動して

の舞台。

楽しかった。そして、元気をもらいました!!

 

(以下、ネタばれないようにしたので、

感想というほどの感想は書いてないです)

 

 

 

 

 

 

初日ということで、TNCさんから

タオルいただきました!

 

めんたいぴりり。

ドラマ、舞台映画…と、

どれも「めんたいぴりり」なんだけど、

味付けというか切り口というか、

それぞれ個性があって面白いです。

 

今回はオープニングから、ぐっと泣きそうになるのですが…(^_^;)

ドラマから見ているせいか、

病床の俊之が過去を思い出す場面も、
一緒に自分の記憶を呼び覚ますんですよね。

ドラマのシーンが走馬灯のように

「そうそう、そんなことあったよね」
みたいな。


小松政夫さんの往年のギャグも

懐かしくて嬉しかったのですが、

とにかくどのシーンも素晴らしかったなぁ…。

久々に福岡弁じゃなくて博多弁を聞いた気がします。

博多弁のサ行とダ行!

 

 

 

小料理屋の女将・藤吉久美子さんと
俊之の元上官・川原和久さんの
エピソードも好きでした〜

おいしい「明太子」を作って完成

じゃなくて、どうやって売っていくか…

「続けていく」ことの重みも感じますね。

 

時代がどんどん変わっていきますからね。

 


劇場を出ると、街中に花がいっぱい。

甘い匂いがします。

 

………

生きてる!

って、実感しますね(笑)

大袈裟ですが。

 

でも、こういう感覚を呼び覚まされるから

生の舞台って好きなんです。

 

天神中央公園の桜も満開でした。

 

自分( ..)φメモメモ

 

キャスト
博多華丸、酒井美紀、大空ゆうひ、相島一之、川原和久、藤吉久美子、原西孝幸(FUJIWARA)、ワッキー(ペナルティ)、斉藤優(パラシュート部隊)、ゴリけん瀬口寛之、福場俊策、井上佳子、酒匂美代子、博多大吉(映像出演)、小松政夫、他


スタッフ
演出・脚本:東憲司
原案:川原健

 

入場料
A席 12,000円
特B席 9,000円
B席 7,000円
C席 4,000円

 

 

 


 

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/2300
この記事に対するトラックバック