七緒りか(制作修団プレアデス) のどたばたブログ (仮)

☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ホール回りと博多灯明ウォッチング | main | 大人計画とハイバイ。 休憩は「おやじカフェ」でいかが? >>

長相思(チャンシャンスー) 〜哀悼の意をこめて〜

加藤和彦さんのご冥福をお祈りいたします。

加藤和彦さんといえば
「あの素晴しい愛をもう一度」
が、真っ先に思い浮かびます。

中学だったか。。。音楽の教科書にもあったような。
今でも、ソラで歌えます。(たぶんフルコーラス)

「帰ってきたヨッパライ」や「タイムマシンにおねがい」も
加藤和彦さんだったんですね。

全部歌えます。


でも、私にとっていちばん思い入れが深いのは
「長相思」

6年前に市川猿之助さんの
スーパー歌舞伎「新・三国志掘
の劇中で耳にしました。

「長相思」
は、
加藤和彦さん作曲
きたやまおさむさん作詞。

戦場で、兵士達が寒さと飢えに苦しみながら
故郷を思い
家族を思い
愛する人を思い
歌う。

物語前半で
青白く凍えそうな世界に
かすかな光をもとめて
歌われるシーンがあります。

哀しいけれども
どこか、懐かしいメロディー。

物語クライマックスは、
平和へと導く歌。

この舞台。
見ることができてよかった
と、今でも思います。

「新・三国志掘
を見ていなかったら、
今の自分は、いないのです。

昨年の「ヤマトタケル」も
加藤さんの音楽でした。

もっと、舞台で”お会い”したかったです。
スーパー歌舞伎 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://l-project.jugem.jp/trackback/593
この記事に対するトラックバック