☆。*・福岡・九州で舞台芸術・演劇の企画・制作・制作業務代行、コンテンポラリーダンス↑福岡↑、観劇の感想とか☆。*・゜☆・。*☆・。*
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
  • 日本劇作家協会 九州支部 設立!
    七緒りか (08/04)
  • 日本劇作家協会 九州支部 設立!
    岩崎きえ (08/04)
  • 九州の演劇情報を網羅するニュースサイト「mola!」に
    りか (02/21)
  • 九州の演劇情報を網羅するニュースサイト「mola!」に
    teru (02/21)
  • 横内謙介の『舞台に立つための演劇ワークショップ』@黒崎ひびしんホール
    なぽりたん (11/18)
  • 横内謙介の『舞台に立つための演劇ワークショップ』@黒崎ひびしんホール
    りか (11/10)
  • 横内謙介の『舞台に立つための演劇ワークショップ』@黒崎ひびしんホール
    なぽりたん&#11088; (11/08)
  • 『こども廃業』→『真夏の夜の夢』→打ち合わせ→『本当ノート』
    りか (08/14)
  • 『こども廃業』→『真夏の夜の夢』→打ち合わせ→『本当ノート』
    池田美樹 (08/12)
  • 名古屋の平松隆之さんが「井尻演劇フェスティバル」で出張ゼミ
    りか (06/04)
Search
Link

ブログランキング
アフェリエイトサイト
楽天トラベル株式会社 e87.com(千趣会イイハナ) 電報サービス VERY CARD チケットぴあ ベルメゾンネット
Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語」

今年のGW。お天気が安定しませんね。

昨日は、晴天から急に土砂降り。

福岡市ではひょうが降って、どんたくのパレードも中止になったとか。

 

今日も、雲行きがあやしかったので、

予定を変更してTVをつけたらEテレで

「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語」

をやっていたので、見ていました。

 

写真は、去年の大分市美術館のミュシャ展。

(ブログに書いてなかった…)

 

ミュシャと言えば、写真のポスターのイメージが強いのだけど、

番組後半では祖国チェコに帰ってからの大作「スラヴ叙事詩」についての紹介がありました。

 

大分でも、パリ時代のものとチェコ時代の作品と展示されていたのですが、

作風ががらっと変わるんですよね。

 

 



read more...
2017.05.04 Thursday 18:29
感想 comments(0)
超歌舞伎「花街詞合鏡」→Eテレ「俳優祭」

今年のGWは、お天気がよいみたいですね。

七緒は、自宅ですることがたくさん(@@)

 

昨日は、合間に

超会議の超歌舞伎「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」、

Eテレで「「熱演! 競演! 歌舞伎のにぎわい 〜第38回俳優祭〜」

を観ました。

 

超歌舞伎は、初音ミクありきの舞台なので、

彼女の髪の色を活かした舞台は、特徴がありますね。

昨年よりも色の感じとか観やかったです。

 

技術的なものの進歩もすごいのでしょうが、

迫力のある派手な映像や、幻想的なもの…

演出もさらに超歌舞伎独特のものになったのでは。

 

昨年は、映像は「生の舞台」の背景になっているという感じだったのですが、

今年は、映像が「生の舞台」になっているなぁと感じるシーンが多かったです。

(うまく説明できないですが…)

 

 

 

 



read more...
2017.05.01 Monday 23:42
感想 comments(0)
MOKK 『地樹なく声、ピリカ』→『クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―』

先週は、MOKK project05『地樹なく声、ピリカ』を観に北九州へ行きました。

 

観劇後は興奮してテンションあがっていたのだけど、

翌日はその反動か、ささいなことに気持ちが揺れてやや情緒不安定に。

でも、それは作品が心の深いところまで刺激したからですね。

自分に向き合える時間をくれる作品は、

言葉や理屈で簡単に説明できないけど、揺れ動く時間も心地いいです。

(感想、あらためてきちんと書きたい)

 

そして、「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」

@三菱地所アルティアムも、おもしろかった。

 

なんて言うか…

身体を突き放してモノのように客観的に見てる感じが、冷たく怖くもあり、

でも、それだけ興味深く人間を観察してるからだよなあと思ったり。

ある種の無邪気な残酷さみたいなものが、

なにもかも委縮してしまっている現代では逆に

おおらかに思えたり。

クエイ兄弟は、自分の世界の「神=創造主」となって、

なにかを産み出そうとしたのかな

と思ったり。

 

たまたま近いときに観た2つ。

自分の中で、世界観が影響しあって、

それぞれ新しい感想が湧いてきたりしておもしろい。



2017.04.27 Thursday 23:13
感想 comments(0)
博多座「二月花形歌舞伎」夜の部

昼の部の感想から間が空きましたが……

2月12日(日)は、博多座「二月花形歌舞伎」夜の部へ。

 

『雪之丞変化』三部。

 

昼の部に続いて、歌舞伎役者のお話。

 

見どころはたくさん。

 

二幕の早替わりの早いこと。

見なれているつもりだったのですが、早かった…。

特に最初。

(●゚д゚●) ぽかん。

 

昼の部の宙乗りも、初めて見るパターンだったのですが、

夜の部の宙乗りも、びっくり!

 

ワンピース歌舞伎で、客席の上を横切って行く斜め宙乗り

もサーフボードでジャンプしたりと派手だったのですが、

違う意味で、びっくり!!!

一瞬冷やっとして、度肝を抜かれました。

 

観終わって、爽快。



read more...
2017.04.02 Sunday 18:23
感想 comments(0)
「劇トツ×20分」2017 観劇

3月19日(日)

 

「劇トツ×20分」2017 を観に、

北九州芸術劇場へ。

 

優勝は、長崎の劇団ヒロシ軍。

おめでとうございます!

前回、前々回と観客票が最下位だったので、

今回は観客を意識した作りにしたのが功を奏したようです。


 



read more...
2017.03.20 Monday 22:54
感想 comments(0)
「2016アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」

アジア美術館の「2016アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」へ。

 

北中」で何度も観たことがある

中安翌さんの作品が展示されているとのこと。

3月7日までなので

ダッシュで行ってきました。

 

アジア美術館、20時まで開いてるので、

ほんと助かります。

(最終日は早めに展示を終了するとのこと)

 


 


インタラクティブアート部門で優秀賞の

「Luminescent Tentacles」が中安さんの作品。

おめでとうございます(*^_^*)

 

手の動きに合わせて、イソギンチャクのように光りながら動きます。

おもしろい〜。

音もキレイなので、いやされます。

 

映像はこちら

 

館内の写真OKとのことですが、キレイにとるのが難しいので

これだけUP。



read more...
2017.03.06 Monday 23:10
感想 comments(0)
博多座「二月花形歌舞伎」昼の部

2月5日(日)は、博多座の二月花形歌舞伎へ。

 

一、男の花道 二幕
二、艶姿澤瀉祭(はですがたおもだかまつり)

 

の二本立て。

 

「男の花道」は、昭和16年に公開された映画の舞台化。

江戸時代のお話ですが、台詞も現代の言葉で聞きやすいです。

男と男の友情物語。ちょっと「走れメロス」っぽい。

とは言え、片方が美しい女方の姿なので、

恋物語のようにも見えたり…

 

劇中劇の「櫓のお七」の人形振りが

すごかった。

そして、その後の客席に訴えかける歌右衛門の姿に

どんどん引き込まれる。

 



read more...
2017.02.12 Sunday 01:13
感想 comments(0)
シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎供.錺鵐圈璽后

中洲大洋映画劇場で

シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎 ワンピース』を観てきました。

 

中洲大洋……

「ミュージカル『黒執事』〜千の魂と堕ちた死神〜」

を観て以来……

え?6年前 (゚∀゚*)!!

 

時の経つのは早いわぁ…。

 

そういえば、キャナルで「ミュージカル『黒執事』地に燃えるリコリス2015」観てから、もうすぐ1年……。

時の経つのは早いわぁ…。

 

シネマ歌舞伎 ワンピース。

面白かったです。

舞台は博多座(2016年4月)で観ましたが、

撮影は新橋演舞場(2015年10月)のもの。



read more...
2016.11.10 Thursday 22:54
感想 comments(0)
ミュージカル『刀剣乱舞』 〜幕末天狼傳〜

ゆるキャラグランプリのランキング発表がありましたね。

1位は高知県のしんじょう君。

 

そして、7位に『刀剣乱舞-ONLINE-』のキャラクター「こんのすけ」!

すごいことになってきました。

 

さて、10月16日(日)は、キャナルシティ劇場で

「ミュージカル『刀剣乱舞』  〜幕末天狼傳〜 」観劇。

 

原作の「刀剣乱舞-ONLINE-」を知っているのもあって、

いちファンとして素直によかったです。

 

後半はうるっとくるシーンの連続。

泣いてる人も多かったです。

私も、ハンカチで目元を押さえてました。

 

刀剣男士と新撰組が、大きな歴史の流れの中で、

運命を受け入れながらも健気で、それだけで泣きそうになります。

 

1部が約2時間のミュージカル。

2部はライブで、人生で初めてのアイドルちっくなライブ。

新鮮で楽しめました。

 

なにがすごいって、でてきたキャラクター(1部の)みんなを

好きになっちゃうっていう…(^_^;)

 

刀剣男子と新撰組だけじゃなく

敵の時間遡行軍まで(笑)

(↓以下、ゲームファンな感想になります)


read more...
2016.11.06 Sunday 20:37
感想 comments(0)
演劇関係いすと校舎「草、のびて、家。」

10月2日(日)

 

すべりこみで、めくるめくエンゲキ祭の「草、のびて、家。」へ。

 

会場は、久留米シティプラザ近くのマンションの1F「ほとめきサロン」。

自宅劇場みたいな雰囲気。

 

客席も観やすくて、大きさもちょうどよい感じ。

 

あらすじを読むと重たい話かと考えていました。

でも、観てみると、ツライ状況の中で、それぞれの想いやエゴはありつつも、

後味の良い作品でした。

 

丁寧な人物の描写と自然な会話。

役者さんのバランスも良かったと思います。

 

まだ、ツアーがあるので、ネタばれしない程度で。

 



read more...
2016.10.10 Monday 20:27
感想 comments(0)
<< 2/34PAGES >>